学術情報 ケミカルピーリング施術後の感覚刺激性閾値の低下 - 皮膚科・美容皮膚科 - 南青山皮膚科 スキンナビクリニック

学術情報 / ケミカルピーリング施術後の感覚刺激性閾値の低下

我々は電流知覚閾値(CPT)を施術の前日と2日後、4週間後で測定し、施術に伴う、CPTの低下(刺激に対する閾値の低下)が2日後でも観察されることを見出した。

このことから、グリコール酸ピーリングでは刺激に対する感受性が低下しているため、施術後の生活指導(顔をゴシゴシとこすらないなど)やスキンケア指導(低刺激性で安全なスキンケア化粧品を使用するなど)には細心の注意をはらう必要があるということを確証した。

学会および論文発表

学会発表表

  • 第24回 日本美容皮膚科学会 学術大会 ランチョンセミナー(2006/8/20)
    「ケミカルピーリング及びイオントフォレーシスのメカニズム研究とその応用」
  • 第119回 FJセミナー(2006/10/27)
    「角層・表皮に与えるグリコール酸の作用」
  • 第33回 日本香粧品学会(2008/6/5-6)
    「グリコール酸ケミカルピーリング施術は一過性に紫外線感受性と感覚刺激性感受性を亢進させる」

論文発表

  • 針谷 毅1・小林 浩1・木下三和子2
    (1:(株)資生堂 ライフサイエンス研究センター、2:木下皮膚科)
    「ケミカルピーリング施術後の感覚刺激性閾値の低下」
    日本美容皮膚科学会雑誌
    Aesthetic Dermatology, vol.16: 88-87, 2006

学術情報関連ページ

  • スキンナビクリニックが選ばれる理由 | 資生堂提携、女性専門医、専任スタッフ、完全個室、保険診療実施、表参道駅徒歩3分
  • キャンペーン実施中!
  • お試しプラン(新規患者様限定)/ 特別価格 初回限定 ビギナーズプラン / 初回限定最大14,700円 お得。4つのお試しプラン!
  • 保険診療のご案内
  • よくある質問(Q&A)
  • 資生堂 NAVITION
  • 学術情報
  • スマートフォンサイト
  • メンズ向け施術(スマートフォンサイト)
  • 院長ブログ
  • スタッフ募集 / 正・准看護師
  • #
  • 暗号化通信

    当サイトでは、お客様に安心してご利用頂くにあたり、個人情報をご入力される際に、通信が暗号化される「SSL」を利用しています。